「エスメラルダ」ダイジェスト映像

スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場バレエ観るものすべての心を震わすドラマティック・バレエ

20世紀の演劇論に大きな影響を与えたといわれる、ロシアの演出家スタニスラフスキーの演技理論に基づく舞台で名高い、国立モスクワ音楽劇場バレエ団が 2010年4月13日(火)~18日(日) [7回公演]に来日しました。
専属オーケストラも含め総勢130名で来日する。クラシック・バレエの美しさに新しい息吹を加えながら進化を遂げた舞踏スペクタル

つくば市のホームページ制作会社ウィスト

最近のブログ記事

モスクアにてバレエ "コッペリア"公演
7月8日、9月27日にローラン·プティ振り付けによるバレエ "コッペリア"が公演。 本人いわく彼女は…

スタッフ

「オープニング・ガラ」
「パキータ」音楽=ミンクス 演出=プティパ
「石の花」より 音楽=プロコフィエフ 振付=グリゴローヴィチ
「悲しみの鳥」音楽=ラベル 振付=ゴレイゾフスキー
「グラン・パ・クラシック」音楽=オペール 振付=グゾフスキー
「ロマンス」音楽=スヴィリドフ 振付=ブリャンツェフ
オペラ「ファウスト」より「ワルプルギスの夜」より 音楽=グノー 振付演出=ラブロフスキー
「ドン・キホーテ」音楽=ミンクス 振付演出=ゴールスキー